INTERVIEW

バンドをしながらミタニで活躍し続ける

品質保証課 野上 智 デザイン室 瀧澤 理

こうして生まれました
THE SHRiMPS(ザ シュリンプス)

結成の成り立ちを教えてくれますか?

瀧澤:野上さんが活動していたバンドに遊び感覚でギターとして参加したのがきっかけです。

野上:初めはライブをやるつもりもなかったしスタジオに入って楽しもうっていうことだけでしたが、遊びにいったスタジオでいつものように演奏していたら、顔なじみのスタッフの方に「バンドまた始めたの?やっているの?今度ライブに出てよ」って声をかけてもらって、面白そうだから思い出作りとして出てみようか。というのがきっかけでした。あれから7年、「THE SHRiMPS」というバンドでオリジナル曲を演奏しています。

瀧澤:最初はコピーバンドをやっていましたが、ある日、僕がオリジナルの曲を作っていってみんなで演奏していたら楽しくて、そこからはオリジナルの曲を演奏しています。

左:品質保証課 野上 智  右:デザイン室 瀧澤 理

呼んでくれるならどこまでも

バンドをする上で一番大切にしていることは何ですか?

野上:家族の了解ですかね・・・・(笑)
瀧澤:まずは自分たちが楽しむこと、人を楽しませるにはまず自分たちが楽しまないと…..(笑)そこは大事にしています。
僕たちの一番面白いところはバタバタ感、初期衝動みたいなのが出ると僕たちも楽しいし、楽しんでもらえると思うのでそこが僕たちのバンドのいいところですね。
それとドラムの気分次第ですかね(笑)ドラムの気分次第でテンポが早くなったり、遅くなったり。テンポが早いと演奏についていけないし…..逆にテンポが早い時の僕たちは絶好調に面白いですよ。

―バンドをやっていてよかったなと思うことはありますか?

瀧澤:いろんな場所に友達ができたことですね。バンドをやっていなかったらこの年になって友達なんてできていないと思いますね。
山梨のバンドマンがライブ出演のオファーをくれたり、近県ですがツアー同行の誘いをくれる東京のバンドや地元のバンド仲間もはじめ、色々な人達と出会えたことはやっていてよかったと思います。

NEXT ACTION MITANI

―今後の活動について教えてください

野上:ミタニは仕事とプライベートのバランスを保てる会社です。それってどっちも楽しむってことだと思うんですよ。ミタニで働いているからこそ、僕らの音楽を楽しいと感じる人を広げていくチャンスがある、それを思いっきり活かしていきたいですね。

瀧澤 野上:これをお読みの皆さんぜひライブに来てください。「THE SHRiMPS」でした。



私たちはこんな事業をしています

エアゾールバルブ・ポンプ製品の開発・設計・製造までを一貫して生産
ヘアケア用品・制汗剤・工業用スプレーに使われる部品の設計・製造・販売までを全て自社で行っています。
事業は製品の生産だけにとどまらず、長年培った高い技術力を活かして、製品開発から顧客への提案もしています。
”内容物の出方”、”一押しの感触”までこだわることで、人々の生活に快適性と利便性をもたらします。

エントリー:https://www.mitanivalve.com/