INTERVIEW

野球をしながらミタニで活躍し続ける

営業課 鹿村 修一 営業課 菊池 優吾 

やりがいはここにある!

―野球の魅力って何ですか?

菊池:チームプレーですね。学生時代から野球部に所属していて、共にハードな練習を耐えてきたチームメイトがいたから野球を続けてこれたと思っています。
みんなで頑張ったからこそ、試合に勝った時の喜びや、負けたときの悔しさからチームワークを深められる。これが野球の魅力じゃないかなと思います。

鹿村:誰でも一回は自分にチャンスが回ってくるところですかね。自分自身をレベルアップさせてプレーすること。自分が頑張った分だけチームに貢献できるのは魅力だと思います。後は練習が過酷だったこともあり、メンタルがかなり鍛えられることが魅力ですかね(笑)。

共通の趣味から仕事に

左:営業課 鹿村 修一  右:営業課 菊池 優吾

―お二方は三谷の野球部に所属されているとお聞きしたのですが交友関係は広がりましたか?

鹿村:広がりましたね。初めは製造課に属していて、業務課に配属された際に上司が野球部に入っているとお聞きし、入部させてもらいました。共通の趣味があれば繋がれるというのはいいですよね。

菊池:そうですね。部活に入ると様々な部署の方と交流がもてるので、仕事で関わる以前から知り合いになれるし、仕事で関わる際にその人を知っていることで、仕事にスムーズに入れるのでありがたいです。

鹿村:実際に、仕事のことで相談してくださったり相談しやすくもなりましたね。

これが私のルーティン

―野球をする上で細かな決め事ってありますか?

菊池:打席に立った時にベースの手前と奥側をバットで一回叩いてストライクゾーンを確かめていましたね。たいして関係なかったのですけれど(笑)。

鹿村:左打ちなので見た目から入ろうと思ってイチローのルーティンを真似していました。フォアボールの時のバットの置き方まで意識していました(笑)

―細かな決め事って仕事でもあったりしますか?

鹿村:当然のことですがメールはなるべく早く返信しようと思っています。営業はメールも電話も多いのでそこは意識してやっています。それと、何をするにおいても事前準備はしています。

菊池:仕事での疑問や問題点を一人で抱え込まないことですね。自分で考えないといけないこともありますが僕が抱え込んでもバルブや金型が作られるわけではないので工場の方にすぐに相談します。そうするとスムーズに解決してくださることが多いので分からないことがあったらすぐに行動することを心がけています。

NEXT ACTION MITANI

―今後やってみたいことや挑戦してみたいことがあれば教えてください。

鹿村:仕事のスキルアップをしていきたいです。ビジネスキャリア検定もそうですけど、様々なことにチャレンジしていきたいと思います。

―将来の自分の理想像を教えてください。

菊池:お客さんに「営業の菊池さん」っていうのを覚えてもらいたいですね。担当だから連絡が来るだけではなく、担当が変わったとしても信頼されて連絡し続けてくれるような営業マンになりたいですね。



私たちはこんな事業をしています

エアゾールバルブ・ポンプ製品の開発・設計・製造までを一貫して生産
ヘアケア用品・制汗剤・工業用スプレーに使われる部品の設計・製造・販売までを全て自社で行っています。
事業は製品の生産だけにとどまらず、長年培った高い技術力を活かして、製品開発から顧客への提案もしています。
”内容物の出方”、”一押しの感触”までこだわることで、人々の生活に快適性と利便性をもたらします。

エントリー:https://www.mitanivalve.com/