INTERVIEW

釣りをしながらミタニで活躍し続ける

デザイン室 山崎大輔

釣り好きが高じて

―釣りを始めたきっかけは何ですか?

幼いころ父と近くの川に遊びにいったのがきっかけですね。それから千葉に住んでいたときに海釣りとバス釣りを覚えました。

―月にどのくらい行かれるのですか?

毎週末、釣りに行ってる時期もありました。釣りにはまりすぎて、船の免許までとっちゃいました。そのころは、朝早くから夜遅くまで釣りに没頭していましたね。今は月に一度ぐらいいければ良い方です。

―釣りを通して・・・

沢山の人とつながることができましたね。釣博や釣りイベントで交流を深めたり、欲しいルアーや珍しいルアーが発売したら、前日の夜から釣具屋さんに並んで買ったり(笑)並んでいる人がいつも同じ人ばかりで、話しているうちに仲良くなって一緒に釣りいくようにもなりました。

釣りも仕事も「仮説と検証??」

―釣りの魅力は何ですか?

魚を釣るための対策を練って行くのが面白いですね。特に海釣りでは潮の流れや海水の温度、天気などによって魚が沖にいたり手前にいたりするので、自分が立てた仮説を魚相手に検証できるのは楽しいです。

―毎回、魚は釣れますか?

全く釣れない日もありますよ。でもルアーを投げているだけでも気分がいいので。まぁ釣れなくても次回への対策、勉強と考えれば……でも、やっぱり釣れないと悔しいですけど。

―対策を練ってというのは、仕事にも通ずると思うのですが?

そうですねーあるかもしれませんね。仕事も失敗しないと分からないこともあると思うし、失敗という経験が成功に繋がると思います。

NEXT ACTION MITANI

―今後やってみたいことや挑戦してみたいことがあれば教えてください。

釣りだけではなく、興味があることはなんでもチャレンジしていきたいです。プライベートの時間を大切に、色々な情報をインプットして仕事にも生かしていきたいですね。



私たちはこんな事業をしています

エアゾールバルブ・ポンプ製品の開発・設計・製造までを一貫して生産
ヘアケア用品・制汗剤・工業用スプレーに使われる部品の設計・製造・販売までを全て自社で行っています。
事業は製品の生産だけにとどまらず、長年培った高い技術力を活かして、製品開発から顧客への提案もしています。
”内容物の出方”、”一押しの感触”までこだわることで、人々の生活に快適性と利便性をもたらします。

エントリー:https://www.mitanivalve.com/