カテゴリー
1/MITANI

新入社員アンケート2021~仕事編~
三谷バルブ・サンパーツ

今年入社した新入社員にアンケートを実施しました!
今回は新入社員がどんな1日を過ごしているのかについて聞いてみました。(第1弾はこちらから)
茨城工場で働く三谷バルブとサン・パーツの5名をご紹介します。

目次
三谷バルブ
開発Gr.
設備Gr.
分析・測定室
デザインマーケティングGr.
サン・パーツ
社長付


三谷バルブ

8:20 寮から出勤 

2階建ての寮の1階が事務所になっています。開発Gr.は事務所での勤務になるので、2階から1階に降りて通勤完了です!

8:30 朝のミーティングから1日がスタート

8:40 メールをチェックして、午前の業務開始!

製品に関するメールが送られてきているので、まとめてチェックします。

<主な業務>
製品の開発
  CADでの図面作成
  製品の機能評価試験
  (噴射が正常にできるか、液漏れがないか など)
  製品のアイデア提案

12:00 お昼休憩

自分の部屋に戻って、音楽を聴いたり動画を見たりしながらご飯を食べます。時間があるときは、部屋の掃除をしたり洗い物をしたりしています。

12:50 職場に戻って、業務再開

1階に戻り、業務を再開します。午前中の作業の続きを行います。

機能評価試験をしていく上で、様々な試験方法を覚えなければいけません。
簡単なイラストなどを描いて、見返したときにわかりやすくなるよう意識しながらメモを取るようにしています。

15:00 10分休憩

外の空気を吸いに外に出たり、トイレ掃除担当の週は掃除をしたりしています。
業務終了まであと2時間ちょっと!頑張ります!

17:30 業務終了

17:40 退社

寮に住んでいる同期と、ご飯を食べたり話したりしてよく一緒に過ごしています。

※業務状況により、1時間~2時間ほど残業する日もあります。

やりがいを感じるのはどんな時ですか?
→一人でこなせる業務が増えて、できないことができるようになった時。

大変だと感じるのはどんな時ですか?
→仕事がたくさんあって時間内に終わらない時。月に1度あるアイデア提案会にむけて、いいアイデアが出てこない時。

今後の目標について教えてください。
→もっと工夫して仕事の効率を上げたいです。


7:50 寮を出発

工場までは、寮から自転車で約10分。通勤途中にある上り坂のおかげで、脚力鍛えられてます!

8:00 工場に到着

8:10 私服から作業着に着替え

更衣室に行き、作業着に着替えます。製造現場での作業がメインであるため、作業着の上から防塵服を着用します。

防塵服姿

8:30 朝礼で連絡事項等の確認・午前の業務

<主な業務>
機械のメンテナンス作業
  治具の清掃や部品の交換
  機械に不具合があった際の補修 など
新たに導入される機械の組付け   

12:10 お昼休憩

朝は弁当を作る余裕がないので、カップ麺を持っていくことが多いです。
ご飯は食堂でとります。電子レンジと湯沸かしポットがあるのでありがたいです!
ご飯を食べた後は、好きな本を読んでいます。

13:00 午後の業務開始!

現場に戻り、業務を再開します。午前中の作業の続きを行います。
工場内に入る前に、エアシャワーを通ります。時間に余裕をもって行動するよう意識しています。

仕事中は、時間を意識しながら効率よく作業を行うことを意識しています。
機械や治具について見返したときにわかりやすいよう図などを入れながらメモを取るようにしています。急いで書いているため、帰宅してからもう一度見やすいようにまとめ直すこともあります。

15:00 10分休憩

休憩中は、好きな音楽を聴いてテンションを上げています。その勢いで残りの業務も乗り切ります!

17:30 業務終了

17:40 着替え・退社

帰り道にスーパーがあるので、買い出しをしてから帰ります。
家についたら、好きなアニメをたくさん見ています!一日の疲れが吹っ飛びます(笑)

※納期等で1時間~2時間ほど残業する日もあります。
※業務の内容によって、交代勤務あり

やりがいを感じるのはどんな時ですか?
→機械や治具を組み上げた時の達成感。動かなくなった機械をメンテナンスして動き始めた時。

大変だと感じるのはどんな時ですか?
→不具合で動かなくなった原因がわからない時。機械や治具について部品点数が多く、仕様によっても異なるため大変でした。交代勤務も生活のリズムが狂ってしまうので大変です。

今後の目標について教えてください。
→大きな目標として、自分で機械を設計することを考えています。そのために、まずは機械や治具のことを覚えること、諸先輩方の知識や経験を学び、一日でも早く一人前と呼べるような技術者になりたいと思います。


8:00 寮を出発

寮に住んでいる人は原則車で通勤できないのですが、今はコロナの影響もあるため車で通勤しています。
着替えや仕事場までの移動時間も考えて、少し余裕をもって家を出ます。

8:10 会社に到着

8:15 私服から作業着に着替え

更衣室に行き、作業着に着替えます。私服は、ジャージ・サンダルでなければ特に指定はないのでとてもありがたいです。

8:30 仕事場に向かい、午前の業務開始

<主な業務>
分析依頼品の分析
  製品に混入した異物や他社製品の部品材質の分析
  製造工程で発生した異常の究明

12:10 お昼休憩

お弁当を持参することが多いですが、たまに会社の弁当を注文することも。ご飯をすませた後は、漫画を読んだりニュースをチェックしたりしています。

13:00 午後の業務開始

現場に戻り、業務を再開します。午前中の作業の続きを行います。

大学で分析化学を学んでいたこともあり、今の部署を希望しました。分析をすることが好きで、特に異物の調査などで謎を解明していく感覚がたまりません。

15:00 10分休憩

休憩時間ではありますが、仕事に夢中になって休憩し忘れてしまうことが多々あります。
業務終了まであと2時間ちょっと!頑張ります!

17:30 業務終了

17:40 着替え・退社

仕事終わりの楽しみは、限界までご飯を食べることです。苦しくなるまでご飯を食べることに幸福を感じます。
長風呂はリフレッシュになるのでよくやっています。

やりがいを感じるのはどんな時ですか?
→原因となる異物や材質等の物質についてあらゆる手段を用いて調べ、納得のいく答えがでた時。

大変だと感じるのはどんな時ですか?
→徹底的に調べても原因となる物質が分からず、納得のいく答えが出ない時。

今後の目標について教えてください。
→バルブやポンプ製品の知識を身につけて、より良い製品を製造出来る様にしたいです。


8:20  寮を出る

寮の1階が事務所になっています。部署によって勤務場所は異なりますが、私の場合通勤時間は約1分です!

8:30  PCの電源をつけて、業務開始

<主な業務>
MiTANi jam内の記事作成
  文章やレイアウトについて検討
  記事で使用する画像の作成
ミタニ公式LINEの運営
  配信する内容やスケジュールについて  など

9:00 定例ミーティング

月曜日は定例のミーティングをリモートで行っています。
毎週1人がテーマを出してそれについて話すアイスブレイクから始まり、その後進捗状況について報告します。
テレワークを実施しているため、部署の人全員とコミュニケーションがとれる貴重な時間です。

12:00 お昼休憩

お昼は2階の自分の部屋に戻ってご飯を食べます(寮に住んでいる特権です!)。弁当を用意しなくていいので、朝がとても楽です。

12:50 職場に戻って、業務再開

1階に戻り、業務を再開します。午前中の作業の続きを行います。

15:00 10分休憩

座っている時間がほとんどなので、休憩時間は立ちあがるようにしています。同期と息抜きに話したり、外の自販機に飲み物を買いに行ったりします。
業務終了まで2時間ちょっと!頑張ります!

17:30 業務終了

17:40 退社

同期とご飯を食べながら、色んな話をするのが仕事終わりの楽しみです。近くに同期が住んでいる環境、最高です(笑)

※デザインマーケティンググループでは週2~3回テレワークを実施しています。

やりがいを感じるのはどんな時ですか?
→自分の就活について書いた記事(私がミタニに決めた理由)が完成した時とてもやりがいを感じました。また、その記事を見たよと言っていただけた時にもやりがいを感じました。

大変だと感じるのはどんな時ですか?
→どういうものが求められているのかを考えながら記事などを作成するのが難しく、大変だと感じます。

今後の目標について教えてください。
→より多くの人にミタニについて知ってもらうためにはどうしたらいいのか考えながら、日々の業務を頑張っていきたいです。


サン・パーツ

7:50 家を出る

車で通勤しています。車内では音楽を聴いています。

8:00 出社 

8:05 作業着に着替え

更衣室に行って、私服から作業着に着替えます。

8:30 作業開始

<主な業務>
・金型交換作業及び試作
  射出成形で用いられる金型の交換作業
  試作品の成形

12:00 お昼休憩

お昼は車で、持参した弁当を食べています。食堂もありますが、一人の時間を大切にしたいので車で過ごすことが多いです。

12:40 午後の業務開始

現場に戻り、業務を再開します。午前中の作業の続きを行います。
工場内に入る前に、エアシャワーを通ります。時間に余裕を持って行動するよう意識しています。

サンパーツでは、エアゾールやポンプ製品で用いられるプラスチックの部品を製造しています。その際に用いられる金型は重く精密であるため、安全第一を心がけて業務を行っています。

15:00 10分休憩

休憩中は、ジュースを買って飲んでいます。
外の空気を吸って、好きな飲み物を飲んで、残りの業務も頑張ります!

17:30 業務終了

タイムカードを切って業務終了です。業務状況によっては残業をすることもありますが、定時で帰れる日が多いです。
本日も一日お疲れ様でした!

17:40 着替えて退社

更衣室で私服に着替えます。
退社後は、車が好きなのでよくドライブをしたり、車いじりをしたりしています。

やりがいを感じるのはどんな時ですか?
→業務をこなしていくうちに、できなかったことが一人でもできるようになった時。

大変だと感じるのはどんな時ですか?
→樹脂材料の使用時、匂いがきつい樹脂がありそれを扱う時。

今後の目標について教えてください。
→金型交換作業を30分で出来るようになりたいです。


三谷バルブとサンパーツの新入社員の皆さん、ご協力いただきありがとうございました。

いかがだったでしょうか?
ミタニでの仕事について、少しでもイメージしていただけましたか?

もっとミタニについて知りたいと興味を持ってくださった就活生の皆様、エントリーお待ちしてます!


ミタニの公式ライン友達募集中!
ミタニの就活情報や企業情報を定期的に配信します!
LINEの「友だちを追加」画面からQRコードを読み込んで頂くか、「友だち追加」から@mitanivalveを友だち登録してください。
ミタニのリアルな口コミはこちらから

カテゴリー
サステナブル/Sustainable

LPガスが環境に優しい
クリーンエネルギーとして注目される理由

私たちミタニが作っているエアゾール製品の噴射剤として欠かせないLPガス。そのLPガスが、環境に優しいクリーンエネルギーとして注目されているのを知っていますか?

今後、地球温暖化を中心とした環境問題への取り組みが求められていく中で、LPガスの活用が解決策の一つになる可能性があります。今回は、LPガスの基礎知識から環境に優しいと言われている理由までをまとめて解説します。


そもそもLPガスとは?

LPガスの正式名称は「Liquefied Petroleum Gas(液化石油ガス)」ですが、日本では一般的に、略称であるLPガスやLPGと呼ばれています。

LPガスはプロパンやブタンを主成分とする化石燃料で、常温かつ通常の気圧では気体として存在しています。主成分がプロパンの場合は「プロパンガス」とも呼ばれますが、この呼び方の方が耳なじみがあるという人も多いのではないでしょうか。

一般的に、LPガスは液体に変化させた状態で運搬・保管します。その理由は、液体にした方が気体の時よりも体積が小さくなり、運搬・保管の効率が良くなるためです。圧力をかけたり、冷却したりすることで簡単に液化できるのがLPガスの特徴で、液化すると体積が約1/250にまで圧縮されます。液体になったLPガスはボンベに入れられて私たちの手元に届けられ、気体に戻してから使用されることになります。


LPガスは何に使われている?

LPガスは以下に示したように、私たちの身の回りの至るところで活用されています。

・ 家庭用のガスコンロやカセットコンロ
・ ガス給湯器
・ ビルなどの業務用空調機器(ガスヒートポンプ)
・ レストランなどの業務用厨房機器
・ タクシーやトラックなどのLPガス自動車
・ 工業用エネルギー
・ 火力発電の燃料
・ エチレンやプロピレンなどの化学製品の原料
・ エアゾール製品の噴射剤


LPガスが環境に優しい5つの理由

すでに私たちの生活に欠かせない存在となっているLPガスですが、さまざまな環境問題に貢献する環境に優しいエネルギーとして、改めて注目が集まっています。最近では、2021年8月9日に公表されたIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の第6次評価報告書の中で、LPガスが環境に与える負荷は非常に小さいということが明らかにされました。

環境問題への取り組みは全世界共通の課題であり、今後LPガスの活用がさらに進む可能性が高まっています。では、なぜLPガスは環境に優しいと言われているのでしょうか。5つの理由に分けてご紹介します。

CO2排出量が少ない

LPガスには、石油や石炭といったほかの化石燃料に比べて燃焼時のCO2排出量が少ないという特徴があります。CO2排出係数という指標では、原油を1.00とした場合にLPガスは0.86であり、ガソリン(0.99)や灯油(0.98)などに比べて約10%も少ないことが明らかになっています。

また、LPガスは燃焼する時だけでなく、生産・輸送段階でのCO2排出量も少ないエネルギーです。たとえば、輸送段階のLPガスは液体化して体積を圧縮した状態で小さいボンベなどに入れられているので、大量のLPガスであっても効率よく輸送できます。

このように、LPガスは生産から消費までのすべての過程でCO2排出量が少ないクリーンなエネルギーとして広く認識されています。

LPガス自体がクリーン

上述したIPCCの第6次評価報告書では、LPガス自体のクリーンさがGWP(地球温暖化係数)という指標を元に明かされています。GWPとは、炭酸ガス(二酸化炭素)を基準にしてほかの温室効果ガスがどれだけ地球を温暖化させるかを表したものです。同報告書では、炭酸ガスのGWPを1とした場合に、LPガスの主成分であるプロパンのGWPは0.02、ブタンのGWPは0.006と極めて小さいことが示されました。GWPの計算方法は世界的に統一されておらず、IPCCの報告書でも毎回数値が変わるものではありますが、LPガスが地球温暖化に与える影響がごくわずかであることは明確です。

ブラックカーボンの排出量が少ない

地球温暖化を引き起こす物質は、CO2のような温室効果ガスだけではありません。ブラックカーボンと呼ばれる微粒子も、温室効果ガスに次ぐ地球温暖化の原因の一つとされています。ブラックカーボンの代表例は物質が燃焼した際に発生するススですが、LPガスはススの発生量も少ないという特徴があります。

少量で多くのエネルギーを生み出せる

LPガスの特徴の一つに、発熱量の高さがあります。たとえば、同じく環境に優しいエネルギーとして注目されている都市ガスと比較すると、LPガスは約2.2倍の熱量を持っています。つまり、同じ量のお湯を沸かす場合に、LPガスは都市ガスの半分のガス量しか消費しないということです。

酸性雨やオゾン層破壊の原因にもならない

石油や石炭を燃焼させると、酸性雨の原因となる二酸化硫黄や窒素酸化物も排出されます。しかし、LPガスはこれらの物質をほとんど排出しません。また、地球を有害な紫外線から守っているオゾン層を破壊するフロンガスの代替材料としても、LPガスはよく利用されています。かつてのエアゾール製品にはフロンガスが噴射剤として使われていましたが、今ではLPガスへの置き換えが進んでいます。


ミタニのモノづくりにも欠かせないLPガス

私たちミタニが作っているエアゾールスプレーでは、噴射剤としてLPガスを使用しています。

消臭剤や殺虫剤、日焼け止めスプレーなどに幅広く利用されているエアゾールスプレーの材料として環境に優しいLPガスを採用することで、ミタニは環境に優しいモノづくりを行っていきます。

知ってますか?エアゾールスプレー?シリーズでは、エアゾールスプレーについて紹介しています。私たちの身の回りに実はたくさんある「エアゾール」について詳しく見ていきませんか?

私たちはほかにも、再生可能エネルギーの導入やプラスチック使用量の削減、環境配慮型プラスチックの採用など、環境問題を意識したさまざまな取り組みを進めてきました。環境に優しい企業を目指す私たちの取り組みを、のぞいてみていただければ幸いです。


カテゴリー
エアゾールバルブ/Aerosol Valve 1/MITANI

知ってますか?
エアゾールスプレー?Vol.3

私たちの身の回りにたくさんあるスプレー。
前回のVol.2ではたくさんのスプレー製品の中から「エアゾール」の「メリット」について説明しました。
▶▶▶Vol.2をみる

私たちが普段使っているエアゾールには様々な種類があります。
どのような製品に使用されているか知っていますか?
今回は、いろいろなエアゾール製品を種類別で詳しく見ていきましょう。

まるわかり!
身の回りのいろいろなエアゾール製品

スタイリングスプレー

髪にスプレーすることでヘアスタイルを長時間キープ。エアゾールならではの細かいミストで髪をしっかりコーティングします。

スタイリングフォーム

ふわふわで濃密なムースが髪にしっとりと馴染む。ヘアスタイルをキープしつつ潤いもある仕上がりに。

スカルプケア

逆さまでも横向きでも、どんな角度でも噴射できるので使いやすい。ジェット噴射で頭皮までしっかり薬剤が届きます。


化粧水

細かいミストなのでふわっとやさしいつけ心地。顔全体をムラなくスプレーできます。手に出す必要がないので簡単。手軽に使えるので日中のメイク直しにも。

日焼け止めスプレー

シューっとスプレーするだけ。液を手に出して塗る手間がありません。髪・背中などの手では塗り広げにくい部分でも簡単にスプレーできます。

制汗剤

噴射したときにヒヤッと清涼感があるのが特徴。噴射時にパウダーが出てくるパウダータイプはさらさら感があり、汗をかいてもべたつきにくい。


クラインスパウト
洗顔やスタイリングフォームにぴったり。ポンプ製品よりも極め細やかな泡を作ることができます。

記事を見る

消臭スプレー

粒子の細かいミストがふわっと広がり空間全体をムラなく消臭します。

防水スプレー

スプレーするだけで靴や鞄を水から守る優れもの。

ガラスクリーナー

車やおうちのガラスをきれいに仕上げます。一度に広範囲にスプレーできて液だれしにくいので使いやすい。

殺虫スプレー

噴射距離が長く勢いのあるジェット噴射。離れたところにいる虫でも簡単に狙い撃ちできます。

虫よけスプレー

手軽にすばやくスプレーできるのでお出かけの際の持ち運びにも。パウダータイプはべたつかずさらっとやさしいつけ心地。



KORU
ワンプッシュ式定量消臭剤や殺虫剤に。ワンプッシュで必要な量が出てくるので無駄遣いがありません。一般的なスプレータイプのエアゾールはすぐ無くなってしまうことが多いですが、ワンプッシュタイプは1本で長く使えます。

記事を見る

潤滑剤

機械や工具、金属製品の防サビ・洗浄・潤滑など様々な場面で用いられます。細いパイプ付きで細かい部分のスプレーも簡単。スプレーパターンが切り替えられるタイプもあります。

ブレーキクリーナー

ミストが複雑な機械部分にも簡単に入り込むので、機械を分解することなく内部を綺麗に洗浄できます。どんな角度でもスプレーできるので、手元のスペースが狭い場所でも作業がしやすい。

ペイントスプレー

ボタンを押してスプレーするだけ。ムラになりにくく、均一に塗装できます。ハケやローラーなどの道具は必要なし。小さなものや細部も簡単に塗装できます。



スワイク
ブレーキクリーナーや潤滑剤に。2種類のノズルにより、どんなシチュエーションにも合う噴射が可能です。大型ボタンと滑り止めによりオイルがついた手でも、手袋をしていても押しやすい。

記事を見る

今回のVol.3では
「エアゾール」「種類」を簡単に紹介していきました。エアゾールは身の周りのいろいろなものに使われており、皆さんの暮らしに溶け込んでいるのです。
私たち三谷バルブはこれからも、毎日にそっと寄り添う製品づくりを追求し続けていきます。

▶▶▶Vol.4へ Coming Soon…


カテゴリー
エアゾールバルブ/Aerosol Valve 1/MITANI

知ってますか?
エアゾールスプレー? Vol.2

私たちの身の回りにたくさんあるスプレー。
前回のVol.1ではたくさんのスプレー製品の中から「エアゾール」についての「歴史」「パーツ」「噴射の仕組み」について説明しました。
▶▶▶Vol.1をみる

では、エアゾールってどんないいところがあるのでしょうか?
今回は「エアゾール」「メリット」についてお話していきます。


ボタンを押すだけ

片手で持って指先でボタンを押すだけ。誰でも簡単・手軽に使うことができます。

ちなみに、捨てるのも意外と簡単なんです。

▶▶▶スプレー缶の正しい捨て方

スプレー缶は、中身とガスを全て出し切ってから廃棄することが重要です。正しく缶を捨てるために、多くのスプレー缶には「ガス抜きキャップ」がついています。

きめ細かい泡

エアゾールはポンプタイプのものよりきめ細かな泡をつくることができます。洗顔などのスキンケア商品にぴったりです。濃密な泡でお肌を優しく洗うことができます。

▶▶▶クレインスパウト

エアゾールスプレーをもっと自由に

密封状態

中身が空気に触れない密封状態となっているので衛生的です。品質を維持したまま長期間使用することができます。

選べる
噴射パターン

エアゾールは殺虫剤のような勢いのある噴射や、化粧水スプレーのようなふわっとした噴射など商品によって噴射のパターンは様々です。

製品の用途によって噴射の範囲・勢いなど自由に選ぶことができます。商品の幅が広がります。

必要な量だけ

ボタンを押した分だけ中身が放出されるので量の調節がしやすいです。少量の噴射も連続噴射も可能です。使う分だけ出すことができるので無駄がありません。ワンプッシュで一定の量だけ出てくる定量エアゾールも存在します。


・Instagram
エアゾールはどんな商品があるのでしょうか?
自社製品が採用された商品の一部をご紹介しています。

・食品×エアゾール
ミタニのまったく新しい試み。食品対応のスプレーエアゾールが登場しました。


今回のVol.2では
「エアゾール」「メリット」について簡単に説明していきました。

エアゾールはたくさんの種類があり、化粧品・生活用品・工業用品などのいろいろな分野で使用されています。
実際にどのような商品に使われているのかは次回のVol.3でご紹介します。


カテゴリー
エアゾールバルブ/Aerosol Valve 1/MITANI

知ってますか?
エアゾールスプレー? Vol.1

私たち身の回りには、沢山のスプレーが存在します。
消臭スプレーや、殺虫スプレー、お肌を潤すスプレーなど様々なタイプのスプレーがあります。
生活に寄り添い、身近にある大切な存在となったスプレー製品の中に「エアゾール タイプ」と呼ばれるものがあるのをご存じでしょうか?

今回はたくさんのスプレー製品の中から「エアゾール」について、「歴史」「パーツ」「噴射の仕組み」について簡単に説明していきます。


第二次世界大戦中、アメリカ軍が害虫駆除(殺虫剤)として使用した「Bug bombs」がエアゾールのはじまりです。
終戦後に日本に持ち込まれ、1950年ごろから殺虫剤やヘアスプレーの生産が始まりました。
現在、ミストタイプやムースタイプとエアゾールの噴射は用途によって様々な吐出が可能となり、年間5億本を超えるエアゾール製品が皆さんの暮らしに溶け込んでいます。



エアゾールは、容器の中にガス(LPGや窒素など)と中身(内容液)が入っていて、ボタンを押すとガスの圧力により中身が噴出するスプレーを指します。
では、どうやって噴射されるのでしょうか?
噴射の仕組みを見てみましょう。

今回のVol.1では、
「エアゾール」「歴史」「パーツ」「噴射の仕組み」について簡単に説明させていただきました。

他にもエアゾールの種類やメリットは沢山あります。
用途に応じたバルブ、ボタンを選定することで商品に最適な噴射状態(噴射量、噴射パターン等)が可能となります。

次回、エアゾールのメリットや製品についてVol.2でご紹介していきます。


▶▶▶Vol.2へ



カテゴリー
エアゾールバルブ/Aerosol Valve サステナブル/Sustainable How to Use

エアゾール製品(スプレー缶)の正しい捨て方

ヘアスプレー、殺虫剤、制汗剤、消臭剤や虫よけスプレーなど、私たちの身の回りで広く使われているエアゾール製品。
正しく捨てられていますか?

「そもそも捨て方がわからない」「捨てるのが面倒だから買わない」という方も多いかと思いますが、スプレー缶は簡単に廃棄することができるのです。

ガス抜きキャップをご存じですか?

スプレー缶は、中身とガスを全て出し切ってから廃棄することが重要です。正しく缶を捨てるために、多くのスプレー缶には「ガス抜きキャップ」がついています。

ガス抜きキャップって?

缶に残ったガスを抜くための機構がついたキャップです。へこみがあったり、穴が開いていたり、キャップによって見た目や作りは様々です。

ガスを確実に出し切ることができる優れもの!

ガス抜きキャップを使用すると噴射ボタンを押し続けた状態となり、ガスが排出されます。指でボタンを押す必要がないので簡単です。三谷バルブでは全てのエアゾール製品にこのようなガス抜き機構が備わっています。

キャップ以外にも

ガス抜き機構をもつのはキャップだけではありません。以下のようなタイプもガス抜き機構をもち、キャップと同じようにガスを確実に出し切ることができます。

※古いものや小型のもの、不燃性ガス使用のスプレー缶にはついていません

噴射ボタンタイプ

トリガーボタンタイプ

ガスをしっかり出し切るためにガス抜きキャップを使いましょう

簡単3ステップ!
スプレー缶の正しいゴミの出し方

カセットボンベの廃棄

カセットボンベを廃棄する場合も必ず中身を使い切ってから捨てましょう。ご使用のカセットコンロに、「ヒートパネル」がついている場合はボンベ中のガスを最後まで使い切ることができます。

【スプレー缶・カセットボンベを捨てる際の注意】

缶に穴を空けると圧力によって中身が飛び出して怪我をしたり、爆発するおそれがあります。穴あけはしないでください。

※自治体によっては缶に穴を開けて捨てるように指導している場合もあるかもしれません。その場合は中身を噴射しきって、ガスを抜いてから穴を開けてください。

こんなときは?

中身が残っているけど使わないので捨てたい

必ず中身を出し切ってから廃棄してください。
1. 火気のない風通しの良い屋外で中身が出なくなるまで噴射
2. ガス抜きキャップを使い、残ガスを出し切ってから処分

※製品特有の注意事項があることもあるので、わからない場合はホームページで確認したり、製造メーカーの相談室などへ問い合わせてください。

ガス抜きキャップがついていない場合は?

火気のない風通しの良い屋外で「シュー」という音がしなくなるまでボタンを押し続け、ガスを出し切ってから捨てて下さい。


エアゾール製品の多くは液化ガス(LPG)などの燃えやすいガスが使われています。ガスを抜かずにゴミに出してしまうと、ごみ収集車やごみ処理場での引火や破損事故につながることがあります。

安全のためにも正しい捨て方で廃棄しましょう