カテゴリー
エアゾールバルブ/Aerosol Valve ディスペンサーポンプ/Dispenser Pumps サステナブル/Sustainable

ミタニが目指す脱炭素社会

地球温暖化への対策が世界共通の課題となっており、国や自治体だけでなく企業や個人に対しても地球環境を守るための取り組みが求められています。私たちミタニも出来る事から始めようと考え、環境に配慮したモノづくりによって脱炭素社会の実現を目指しています。

ミタニの目指す脱炭素社会とはなにか、ミタニがどのような取り組みを進めているかをみてみませんか?

<目次>
脱炭素社会って?
脱炭素社会はどうすれば実現できる?
ミタニはどんな取り組みをしているの?

脱炭素社会って?

脱炭素社会とは、地球温暖化の原因である温室効果ガスの実質的な排出量がゼロになった社会のことです。温室効果ガスは赤外線を吸収し放出する性質を持つ気体であり、地球を温めるという特徴があります。温室効果ガスには、二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、フロンなどの種類がありますが、特に重要視されているのは排出量が最も多い二酸化炭素です。脱炭素社会を実現するためには、二酸化炭素の排出量を抑えつつ、排出された二酸化炭素を回収することで、実質の排出量をゼロ(カーボンニュートラル)にする必要があります。

地球温暖化をなぜ防止しなければならないかというと、海面の上昇や気候変動によって異常気象が発生し、生態系や生活環境への大きな影響が出る可能性が高まるからです。

実際に産業革命以降、地球を温める温室効果ガスが増加し続けた影響で世界の平均気温は1℃程度上昇しています。すでに毎年のように異常気象が発生しており、日本でも河川の氾濫や土砂災害などが多発していますが、世界の平均気温がさらに上昇するともっと大きな影響が出るかもしれません。


脱炭素社会の実現に向けた取り組みが世界中で進むきっかけになったのは、2015年の「パリ協定」です。パリ協定は温室効果ガス削減に関する国際的な取り決めで、大きな目標が2つ掲げられました。

1. 世界的な平均気温の上昇を産業革命以前に比べて1.5℃から2℃以下に抑える
2. 出来るだけ早く温室効果ガスを削減し、21世紀後半には実質の排出量をゼロにする

これらの目標を達成するため、日本でも脱炭素社会の実現への取り組みが進んでいます。

脱炭素社会はどうすれば実現できる?

脱炭素社会はどのような取り組みをすれば実現できるのでしょうか。

まずポイントになるのは、石油や石炭、天然ガスといった化石燃料を燃やしてエネルギーを得る過程で生まれる二酸化炭素の排出量を削減することです。エネルギー関連の二酸化炭素の排出量は、温室効果ガス全体の排出量の大部分を占めています。化石燃料を用いた火力発電から太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーを利用した発電に切り替えたり節電や省エネによってエネルギーの消費量を抑えたりすることで、脱炭素社会の実現に近づけるでしょう。

茨城工場敷地内にある太陽光パネル

また、今後の動向に注目が集まっているのが自動車を始めとする輸送機器から発生する温室効果ガスの削減です。走行中に温室効果ガスを排出するガソリン車から電気自動車への置き換えや、公共交通機関・シェアリングサービスの利用といった取り組みも、脱炭素社会を実現する上で重要になります。

社用車に電気自動車を採用

しかし、エネルギー産業や輸送関連産業だけが取り組みを進めていても、脱炭素社会を実現することは難しいでしょう。脱炭素社会を実現するためには、個々の企業や個人が地球温暖化への関心を持ち、温室効果ガスの発生を抑える行動を取っていかなくてはなりません。

脱炭素社会を実現につながる行動の例としては、次のようなものが挙げられます。1つの地球に住む人間として、少しずつでも良いので取り組みを進めてみませんか?

・冷暖房の温度設定を適正化する
・省エネ家電に買い換える
・太陽光発電システムを導入する
・アイドリングストップなどのエコ・ドライブを実践する
・オンライン会議や在宅勤務の採用によって移動自体を減らす
・環境に配慮した製品や材料を活用する
・貴重な資源を使い捨てず、リサイクルによって有効に活用する

ミタニはどんな取り組みをしているの?

私たちミタニは、持続可能な社会を実現するために何ができるのかを常に考えて、さまざまな取り組みをスタートしています。エアゾールバルブとディスペンサーポンプのメーカーとして環境に配慮したモノづくりに取り組み、脱炭素社会の実現を目指します。
ミタニの開発した環境配慮型の製品を少しだけご紹介します。

ディスペンサーポンプ Z-1000-C

ディスペンサーポンプの材料として、植物由来の樹脂であるグリーンポリエチレンを採用しました。石油由来のポリエチレンに比べて製造過程でのエネルギー消費量が少ないだけでなく、主原料であるサトウキビが成長段階で二酸化炭素を吸収しているため、二酸化炭素の排出量を実質ゼロとみなすことができます。

エアゾールバルブ SWAYK

噴射材として、液化ガスよりも二酸化炭素の排出量が少ない圧縮ガスを採用しています。また、ノズル切替えのためのゴムリングを使用しないことにより、ゴムリングの製造過程で発生する二酸化炭素を削減します。SWAYKは従来のエアゾールバルブと比較して最大で90%以上の二酸化炭素を削減することに成功した環境に優しい製品です。